FC2ブログ

BLACKBRIAR

SINCE2010.1.1

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ライフル改良 

2015/05/20
Wed. 18:26

前回購入したACRライフル。実は買う前から、調べとしてレビューや動画なので動作不良が見られていました。もちろん正常に稼動する動画もありましたが、フルオートにすると、不安定な連射が見られていたりと実際はどのようになっているんだろうか・・・?
というものでした。でも、それは数年前の情報だったので今は改良されているだろう、と自分のものは大丈夫だろうと思い、購入に至ったわけです。
そして実際に手元にきて、撃ってみると、空撃ちでは正常にガツガツ動きました。でも、いざ弾を入れて撃つと、不具合が多発する状態でした。1回目にトリガーを引くと強いブローバックが起こり、弾が飛んだかと思いきや空撃ちで、2回目にトリガーを引くと、ポス・・・という凄く弱いブローバックが起こり、弾も出ますが、銃身からポロっと出てきます。
それの繰り返しで、しまいには豪快にマガジンのガスが噴射して空にさせられます。ゴクたまに正常に撃つことができますが、それも可能性は低い状態でした。
おそらく純正のノズルに問題があるんでしょう。

こんな症状でどうしようか・・・

撃たずに飾りとして放置しておこうか。でも撃ちたい時には撃ちたい!という思いもあり、RA-techから出ているカスタムパーツのアルミニウムノズルがあるので、少し高く付きますが、それを買って対処しようかと思っていました。
でも、自分でやれることはやってみようとも思ってました。
それで今回、ふと思いつきました。
純正ノズルをRA-techのアルミノズルのような形にしてやれば、治るんじゃないだろうか!
そう思い、意を決して実行してみました。
純正ノズルはRAのアルミノズルに比べて、少し長くなっている部分があります。
例としてこのようになってます。
純正ノズル純正のノズル。赤く囲っている部分です。
RAのノズルRA-techのアルミノズル。赤く囲っている部分です。
互いに見比べると純正はノズル部分が弾を送り出すように少し湾曲している部分があります。RAのアルミノズルはその部分がスパッと直角に切れているようになってます。
ここの違いが問題なんじゃないかと思い、手元にある純正のノズルを取り出し、思い切ってカットしてみました。
手元ノズル赤く印した部分をカットしました。
これでRA-techのアルミノズルと同じ形になりました。全体の形状もノズルの部分以外はほぼ同じだったので大丈夫そうでした。
そしていざ組み上げて撃ってみると・・・・

嘘だったかのように、ガツガツ動くようになりました!

フルオートも問題なく撃てます!
と思いましたが、やはり時より、不調を来たします。
それでもカットしなかった時よりは、断然、不具合の症状は消え、状態は良くなりました!

それでも、いずれはRA-techのアルミノズルの購入を考えています。いつになるかは分かりませんが・・・。
今回の改良はそれまでの維持という形で留めておきます。もしかしたら、このまま撃ち慣らしていったら、不具合も消えるかもしれませんしね♪

もし、ACR/MSKを持っていて、同じような症状になっている人がいたら、一度やってみてはいかがでしょうか。

・追記・
RA-techのアルミノズルに近づけるために、さらにノズルのリップ?部分をカットしてみました。

純正ではリップ?を囲うように盛り上がった?角がある?構造になってます。
純正ノズル
実はこの角の部分が、弾切れのオープンストップ時に、ボルトキャリアーを止めるプレートに引っかかって、ボルトキャリアーが正常にストップされても、ノズルの角が引っかかってしまって、大きく長く露出した状態になってしまいます。本来はボルトキャリアとノズルが一緒にオープンストップして実銃のような光景が見られるはずなんですが。

RA-techのアルミノズルはその角の部分がなく見た目ツルッとしたように見えます。
RAのノズル

今回、この形にさらに近づけるために、手元にある純正ノズルを再び大幅に改良しました。
作業はリップ?部分の角をカット、整形しました。
DSCF1.jpg1.DSCF2.jpg2.
角を削ったことによって、ボルトストップのプレートに引っかからず、ちゃんとノズルも一緒に後退するようになりました。

射撃については、前回の改良よりもさらに良くなった気がします。セミオートはガツガツ撃てます!時より違った感じになりますが・・・・。
ですが、フルオートは未だに不調気味です。でも、撃てないわけではありません。ただフルオートらしい一定速度の連射ができない状態です。ガスの噴射効率も悪いです。
空撃ち状態の場合は、セミ、フルともに相変わらず良い動きをします。空撃ちだけで楽しむなら十分でしょう。
でも、やっぱり弾を込めて撃ちたいですよね。

さて、ノズルの外形はRA-techのアルミノズルに近づけれるだけ近づけれたと思います。ですが、まだわからない事が多くあるので、ちょこちょこと改良を施して学んでいこうと思います。

今回の作業も結果としては、良い方向へ格段に行ったと思います。
WEのACR/MSKを持っていて、同じような症状に困っている方は、一度試してみてはどうでしょうか?カッターナイフとヤスリがあれば作業は十分にできます!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://blackbriar.blog109.fc2.com/tb.php/253-e85a5e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。